お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している愛知県の地域をお選びください

愛知県の葬儀のしきたり・風習

「淋し見舞い」を弔問客に振る舞う

愛知県では、通夜の際、近親者が香典と一緒に「淋し見舞い(さびしみまい)」を遺族に渡す風習があります。「淋し見舞い」には、饅頭や菓子、酒、缶詰などの食べ物や飲み物がよく選ばれます。持ち寄られた淋し見舞いは、通夜振舞いで弔問客に振る舞われる他、通夜の後、遺族や近親者が故人の傍で過ごす際に皆で食べ、残った分は、葬儀の参列者などにも配り分けられます。

「白装束」と「宝冠」

愛知県の瀬戸地方では、出棺の後に、喪主が白装束で火葬場へ行くしきたりが今も残る地域があります。また、出棺の際、喪主だけでなく会葬者全員が幽霊がつけているような三角の布を頭に巻く地域もあります。仏教では「宝冠」と呼ばれるこの三角の布は、死に装束の一部で、本来は故人が身に着けるものですが、江戸時代に、参列者も宝冠を着ける風習が広まったようです。これを着ける理由は、悪霊を防ぐ魔除けのためとも、"死"という災いが参列者に移らないようにするためとも言われています。

「出立ちの膳」に「涙汁」

愛知県の尾張地方では、精進落としの際に遺族と近親者が食べる「出立ちの膳」に、「涙汁」と呼ばれる胡椒汁や唐辛子汁が出されます。唐辛子汁の場合、1人前の椀に唐辛子1本を使い、種まですべてみじん切りにして入れるそうですから相当な辛さでしょう。涙汁を飲むのは、辛さで故人に哀悼の意を示す涙を出やすくするためですが、それだけではなく、その辛さによって葬式での疲れをとるためだとも言われています。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません