「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

滋賀県の葬儀社を比較する

滋賀県に対応しているオススメ葬儀社ピックアップ

葬儀を検討している滋賀県の地域をお選びください

滋賀県の葬儀のしきたり・風習

「おかみそり」の儀式

滋賀県のお葬式では、お坊さんが、故人の額にかみそりをあてる、「おかみそり」と呼ばれる儀式が広く行われています。「おかみそり」は、正式には帰敬式(ききょうしき)という浄土真宗の儀式で、故人が仏・法・僧の三宝に帰依し、仏弟子になることを誓うものです。かみそりをあてると言っても、もちろん、実際に髪を剃ったりするわけではなく、儀式用のかみそりで軽くなでるだけですので、故人の遺体が傷つく心配はありません。

通夜振舞いのうどんと「こうぎ」の風習

西日本では、関西を中心に「通夜振舞い」を行わない地域も多くありますが、滋賀県では、通夜振舞いに「うどん」が出されます。これは、喪家の手がかからないようにとの理由だと思われます。また、郡部などの一部地域では、隣組など近隣の人が葬儀に参列する際には香典を出さず、葬儀・告別式と初七日まで終わった翌日、会食に招待された際に香典を持参する「こうぎ」とよばれる風習があります。彦根市では、受付で香典を出すと引換券が渡され、帰りに会葬お礼品をいただきます。

棺は玄関以外の場所から出す

住宅事情の関係もあり都市部では少なくなっていますが、滋賀県では、出棺の際、玄関以外の場所から棺を出すしきたりがあります。棺の出口には、たいてい縁側を利用しますが、中には窓から棺を運びだす場合もあるようです。これには、日常的に人が出入りする玄関を避けることで、故人の魂がまた戻ってこないよう、つまり、迷わず成仏できるようにとの気持ちが込められています。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください