「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

京都府の葬儀社を比較する

葬儀を検討している京都府の地域をお選びください

京都府の葬儀のしきたり・風習

葬儀用の供花には樒だけを使う

お葬式には、「供花(きょうか)」と呼ばれる花を故人に供えます。この供花は、生花や造花、花束、花輪、籠花とさまざまですが、京都市以南の地域では、供花に樒(しきみ)だけを用います。樒は、古くから日本に自生する常緑樹で、強い香りがあるため香花(こうげ)とも呼ばれます。かつては墓や祭壇の左右にも供えられ、死臭を防ぐためにも役立っていました。現在でも樒をお葬式に用いるのには、故人に悪霊が近寄ってこないための魔除けの意味合いがあるようです。また、京都の北部地域では、供花に花輪を用います。

出棺の際、茶碗を割ったり和紙を燃やしたりする

西日本では、出棺の際に故人が生前使っていた茶碗を割る「茶碗割り」の風習が広く見られます。京都府でも出棺時に玄関口で故人の茶碗を割ります。この「茶碗割り」は、故人に迷わず成仏してほしいと願う気持ちが込められた風習ですが、最近では、故人の茶碗を割るのはしのびないという遺族のために、専用の茶碗を用意する葬儀社もあるそうです。また、京都市周辺では、出棺の際に和紙を燃やす風習があります。

子供に先立たれた親は火葬場に行かない

京都府では、子どもが親より先に死亡した場合、「親不孝者」として、両親は火葬場へ行かないしきたりがあります。子供が親より先に亡くなることを「逆縁」といい、その悲しみは想像を絶します。これは、辛い思いをしている両親が火葬場へ行くことでさらに悲しい思いをしなくていいようにとの心遣いから生まれたしきたりでしょう。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください