お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している大阪府の地域をお選びください

大阪府の葬儀のしきたり・風習

香典袋の水引が黄色と白

香典袋といえば、黒と白の水引が一般的ですが、大阪では黄色と白の水引を使います。日本では明治時代に、世界基準である「黒」が喪に服する色と規定され、香典袋の水引も黒と白が定着しました。しかし、京都では、皇室への献上品に黒に近い玉虫色の水引を使用していたため、大阪をはじめとする関西圏では、黒い水引を一般に使用することが控えられ、代わりに黒に次いで喪を表す色である「黄色」を使うようになったと言われています。

友引のお葬式には「いちま人形」

六曜の中の「友引」に当たる日は、「故人が友を引く」という意味に通じることから、一般には葬儀を出すことが控えられています。しかし、昨今の葬儀事情からやむを得ずこの日に葬儀を出す場合もあります。大阪では、友引の日に葬儀を出す場合、「いちま人形」と呼ばれる人形を棺に入ます。この「いちま人形」が人間の身代わりとして故人のお供をすると考えることで友引の日でも不安なくお葬式を出すことができます。

「仕上げ」と「逆さごと」

大阪では、初七日法要のあと、「仕上げ」と呼ばれる精進料理を食べます。この「仕上げ」には、高野豆腐や厚揚げが欠かせませんが、大阪では普段は四角に切っているこれらの素材を、お葬式のときには三角に切って調理します。これは、普段と違うことをすることで、葬儀と日常を意識的に切り離す「逆さごと」の一種と考えられます。他にも、身内に出すことの多いおにぎりを普段俵型に握っている地域では三角にするといった逆さごとが見られます。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
[PR]葬儀社をお探しならお電話ください
葬儀レビがご対応いたします。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談