「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

大阪府の葬儀社を比較する

大阪府に対応しているオススメ葬儀社ピックアップ

葬儀を検討している大阪府の地域をお選びください

大阪府の葬儀のしきたり・風習

香典袋の水引が黄色と白

香典袋といえば、黒と白の水引が一般的ですが、大阪では黄色と白の水引を使います。日本では明治時代に、世界基準である「黒」が喪に服する色と規定され、香典袋の水引も黒と白が定着しました。しかし、京都では、皇室への献上品に黒に近い玉虫色の水引を使用していたため、大阪をはじめとする関西圏では、黒い水引を一般に使用することが控えられ、代わりに黒に次いで喪を表す色である「黄色」を使うようになったと言われています。

友引のお葬式には「いちま人形」

六曜の中の「友引」に当たる日は、「故人が友を引く」という意味に通じることから、一般には葬儀を出すことが控えられています。しかし、昨今の葬儀事情からやむを得ずこの日に葬儀を出す場合もあります。大阪では、友引の日に葬儀を出す場合、「いちま人形」と呼ばれる人形を棺に入ます。この「いちま人形」が人間の身代わりとして故人のお供をすると考えることで友引の日でも不安なくお葬式を出すことができます。

「仕上げ」と「逆さごと」

大阪では、初七日法要のあと、「仕上げ」と呼ばれる精進料理を食べます。この「仕上げ」には、高野豆腐や厚揚げが欠かせませんが、大阪では普段は四角に切っているこれらの素材を、お葬式のときには三角に切って調理します。これは、普段と違うことをすることで、葬儀と日常を意識的に切り離す「逆さごと」の一種と考えられます。他にも、身内に出すことの多いおにぎりを普段俵型に握っている地域では三角にするといった逆さごとが見られます。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください