お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している兵庫県の地域をお選びください

兵庫県の葬儀のしきたり・風習

「三回回し」のしきたり

兵庫県の播磨地方では、出棺のときに親族が棺を担いでぐるぐると3度回す、「三回回し」「棺回し」などと呼ばれるしきたりがあります。これは、棺を回すことで故人の方向感覚を失わせ、家に戻ってこられないようにするためという説があります。迷いなく成仏してほしいという願いが込められているのでしょう。また、「三回回し」には、減罪信仰の意味合いがあるとする説もあります。「回る」という行為は、古代の日本において、人と神霊がつながる儀式とされていました。現在でも、四国遍路や岩回りなど、聖なる場所を回ることでこれまでの罪が滅びると考える減罪信仰があります。

女性の仕事「茶碗割り」

西日本では、出棺の際に故人の茶碗を割る「茶碗割り」が一般的に行われていますが、兵庫県の川西市では、この「茶碗割り」が女性の仕事になっています。仏教では、故人の魂は死後四十九日まで現世をさまよっているとされており、時には生前の愛用品をたよりに家に戻ってきてしまうと言われます。そこで、故人が家に戻ることなく成仏するようにとの願いを込めて茶碗割りが行われるようです。

故人に樒を供える

お葬式で、故人に供える花のことを「供花(きょうか)」と言い、全国的には、菊などの生花が使われるのが一般的です。しかし、兵庫県では、この供花に樒(しきみ)だけを用います。樒は「香花(こうげ)」とも呼ばれる香りの強い常緑樹で、実には猛毒があるので、故人に悪霊が寄ってこないための魔除けの意味もあるようです。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません