「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

奈良県の葬儀社を比較する

奈良県に対応しているオススメ葬儀社ピックアップ

葬儀を検討している奈良県の地域をお選びください

奈良県の葬儀のしきたり・風習

お葬式を手伝う「垣内」

人口の流出入が少ない地方では、近隣住民の絆が強く、有名な「隣組」を始めとし、「講内」「無常講」「弔い組」など、さまざまな名前で呼ばれる近隣組織が通夜や葬儀を手伝います。奈良では、「垣内」と呼ばれる10軒程度の家が一単位となった近隣組織が、通夜や葬儀を手伝います。

位牌を2つ用意する

政令指定都市では、墓地事情の関係で土葬が禁止されていますが、日本では基本的に土葬は禁止されておらず、現在でも行っている地域があります。奈良県東部の山間部にも、土葬の風習が残っています。土葬を行う地域の葬儀では、通常の「内位牌」とは別に、もうひとつ、墓に置くための「野位牌」を用意します。喪主は葬列で野位牌を抱えて墓へ向かい、埋葬した場所の上に供えます。四十九日の忌が明けると、内位牌は寺に納められ、野位牌は墓でそのままにされたり、炊き上げられたりします。

「茶碗割り」と「逆さ屏風」

出棺の際に、遺族が個人の茶碗を割る「茶碗割り」は、全国各地で見られる風習ですが、奈良県でも行われています。この時同時に、藁を燃やして「門火」を焚くこともあります。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください