お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している和歌山県の地域をお選びください

和歌山県の葬儀のしきたり・風習

「三隣亡」にはお葬式をしない

六曜の「友引」の日にはお葬式を出さないというのは、全国的にみられる風習ですが、和歌山県ではこの友引に加え、「三隣亡」の日にもお葬式を出しません。「三隣亡」は読んで字のごとく「三軒隣まで亡ぼす」という意味合いのある日で、もともとは、建築関係の大凶日でした。この日に棟上げなどをすると、大きな災いが起きるとされて避けられていました。本来お葬式とは関係のない六曜でしたが、「三隣亡」という恐ろしげな字面から誰かがお葬式を出すのも避けたのが、そのまま定着したようです。

扇子を破って屋根に投げる

通夜や葬儀・告別式で和服を着る女性は、白い長襦袢と足袋以外、全て黒いものを着用します。草履や小物も黒で統一し、「喪服扇」「不祝儀扇」などと呼ばれる黒骨で光沢のない扇子を携帯します。葬儀の後は、二度と凶事が起こらないように、扇子の要を壊して捨てるものとされていますが、和歌山では、この扇子を破って屋根の上に投げるというしきたりがあります。なぜ、そうするのかは分かっていません。

「還骨勤行」で「講」の女性が歌をうたう

和歌山県の一部では、お葬式が終わった後、遺骨を家に迎えいれるための「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みます。和歌山県には「講」などの地域組織が残っており、「還骨勤行」の際には、「講」に属する年配の女性たちが集まって、仏教の教えを和歌にした「御詠歌」をうたうことがあります。流派によっては、遺族や僧侶が、鈴(れい)や鉦鼓(しょうこ)で唱和します。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません