「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

鳥取県の葬儀社を比較する

鳥取県の葬儀のしきたり・風習

「送り団子」は4つ

故人が横たわる枕元には「いっぱい飯」や「一善飯」と呼ばれる茶碗にてんこ盛りにされたご飯に箸を立てたものを供えますが、「いっぱい飯」と一緒に団子と水が供されることも多くあります。鳥取県では、この団子のことを「送り団子」と呼び、全国的には6個供えることが多いのに対して、4個を供えるのが一般的です。鳥取県の「送り団子」が4個であるのは、「4=死」という連想に結びついているものと思われます。

縁の綱を引く

出棺の際、棺にさらしの白い布を結びつけ、この端を遺族が持って引っ張るという風習がいくつかの地方に見られます。鳥取県にもこの風習があり、この時引く白い布の綱を、「縁の綱」と呼びます。「縁の綱」は薄いさらしの布で切れやすいことから、故人との縁を切るための儀式であり、別れのしきたりであると考えられます。同じように棺につけた布を引く他地域の中には、この布の綱を「善の綱」と呼び、故人の魂をあの世へと引き送るしきたりとするところもあります。

土葬の残る山岳地帯

鳥取県の山岳地帯には、現在でも、日本では珍しくなった土葬の残る地域があります。冬には積雪することも多いそうした地域では、かつて、まだ雪が降らない暖かいうちに町に出て土葬に使うための丸瓶を買っておいたといいます。この丸瓶は、冬の間食糧の貯蔵に使われました。買い置きが無い家で人が亡くなった場合は、隣から瓶を借りて土葬を済ませ、春になって雪が解けてから町で瓶を買って返すというしきたりだったようです。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください