お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

島根県の葬儀のしきたり・風習

時間の決まっていない「夜伽」

島根県の松江市では、葬儀は寺院で行われますが、その他の地域では、通夜や葬儀を自宅で行う場合が少なくありません。島根県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼び、自宅で行われる場合、時間は決まっていません。弔問客は各々任意の時間に喪家に赴いて焼香しますから、「夜伽」は一晩中に状態になるようです。通夜というのはもともと故人の傍らに親近者が集まって夜通し行われていたものですから、島根県の「夜伽」は本来のかたちに近い通夜と言えるかもしれません。

「前火葬」と「後火葬」が混在し、精進落としに赤飯がでる

島根県には、「前火葬」と「後火葬」が混在し、松江市、出雲市などでは、午前中に火葬を行い、午後から葬儀を行うのが一般的です。葬儀の後の「精進落とし」では、赤飯が出されます。赤飯は慶事に食べる印象がある食事ですが、もともとはお葬式の食事でした。東洋ではおめでたい色であると同時に、厄払いや魔除けの意味も含む赤い色をした赤飯は、禍を福に転じさせる縁起直しの意味合いがあり、日常と非日常を切り替える通過儀礼として食べられているという説もあります。

竹を立てて忌中のしるしにする

死者を出した家が入口に「忌中」と書いた張り紙をする風習は全国に広く見られますが、島根県の松江市など一部地域では、忌中のしるしとして門の両側に2本の竹を立てます。お正月の角松を連想させるような風習ですが、この竹にも、角松と同じく「門を清めて邪気を払う」という意味合いがあるようです。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません