お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している岡山県の地域をお選びください

岡山県の葬儀のしきたり・風習

近親者だけで行われる「夜伽」

岡山県では、通夜は遺族と近親者のみで行われることが多く、通夜振舞いも茶菓子程度の質素なものが、弔問客に一袋ずつ手渡されるのが一般的なようです。また、地方では近隣組織が夜伽の準備に駆り出されることも珍しくありません。現在、全国的に数時間で終わるのが一般的な「通夜」は、もともと、近親者が故人の傍で朝まで過ごすものでした。岡山県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」や「伽(とぎ)」と呼ぶことがありますが、寝ないで一晩中付き添うことを意味するこの呼び方は、本来の通夜を表していると言えます。

出棺前に「立飯」が出される

葬儀・告別式が終わった後に出される「精進落とし」の食事には、地域によってさまざまな特色や呼び名があります。岡山県では、出棺前に出される精進落としの食事のことを「立飯(たちは)」と呼びます。美作地方の一部では、喪主と僧侶が「立飯」として生米や塩を食べる真似をすることもあるようです。

「茶碗割り」と「放生」と「七本卒塔婆」

岡山県では、出棺の際に故人の茶碗を割る「茶碗割り」が行われます。また、農村部には、鳥や金魚を逃がす「放生(ほうじょう)」の儀式もあります。「放生」は仏教の「放生会(ほうじょうえ)」に由来する儀式で、捕えた生き物を放すことで故人が徳を積むことになり、あの世で良い思いができるとされています。火葬した当日に納骨をする地域には、七本の塔婆を四十九日までの間、七日ごとに立てて供養を行う「七本塔婆」のしきたりも残っています。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません