お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している広島県の地域をお選びください

広島県の葬儀のしきたり・風習

浄土真宗の多い安芸地方

広島県の安芸地方には浄土真宗の熱心な檀家が多く、厳島では住民の8割が浄土真宗だと言われています。そんな安芸地方では、お葬式や法事で焼香する際、香典とは別に「焼香銭」として小銭を出します。出棺の際に故人の茶碗を割る「茶碗割り」の儀式は、西日本の多くの地域で行われており、広島県でも備後地方で行われていますが、安芸地方では行われません。また、全国的にみられる葬儀や火葬場から戻った際に塩をかけてお清めをするならわしも、安芸地方ではあまりみられません。

白い布を位牌にかぶせる

仏教では人が亡くなると戒名を書いた白木の簡素な位牌を作り、これを四十九日まで使いますが、備後地方の一部地域にある禅宗の喪家では、この位牌にさらしの白い布をかぶせ、少しずつ開けていくという珍しい風習があります。

出棺の際、「棺回し」を行う

郡部など広島県の一部地域では、出棺の際に親近者が棺をぐるぐると3回回す、「棺回し」や「三回回し」と呼ばれる儀式が行われています。「棺回し」の由来には諸説があります。ひとつは、棺をぐるぐると回すことで故人の霊が方向感覚を失い、戻ってこられないようにするためという説です。これには、故人に迷わず成仏してほしいという祈りが込められていると考えられます。また、古代の日本において「回る」という行為は人と神霊がつながる儀式とされていました。そこで、棺を回すことで故人が四国を回るお遍路のように徳を積み、あの世で厚遇されることを願っているとする説もあります。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません