お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

山口県の葬儀のしきたり・風習

霊柩車までのわずかな距離でも葬列を組む

かつて、棺を墓地や火葬場まで運ぶことが葬送儀礼の中心となっていた昔、お葬式とはすなわち、「野辺送り」のことを指していました。「野辺送り」とは、故人の親族や弔問客などが死者を送るため、しきたりに則って組んだ行列のことです。現在、都市部ではほとんど見られなくなった風習ですが、地方には今なお残っている地域もあります。山口県では、霊柩車までのわずかな距離でも葬列を組んで移動する場合があり、極端に簡略化してはいるものの、野辺送りの名残とみられます。

香典に合わせてお供え物をする

山口県では、通夜や葬儀の7割以上が自宅で行われ、近隣組織が手伝いとして活躍します。また、山口県の一部地域では、仏壇のみで葬儀を行うといいます。香典を出す際には、果物やお菓子などのお供え物をすることが多くあります。農村部では、このお供え物として米や農作物を持ち寄ることもあるそうです。お供え物は、通夜や葬儀の参列者で食べられたり、皆で分けられて持ち帰られたりしますが、これは、多くの地域でみられる「通夜振舞い」と同じ意味合いを持つ風習と思われます。

「立飯」に大豆やおこげを食べる

葬儀の後で食べられる「精進落とし」には、各地にさまざまなしきたりや、独特の呼び名がありますが、山口県では、この時に食べるお膳を「立飯(たちは)」と呼びます。「立飯」では、故人との食い別れとして、大豆やご飯のおこげを食べるようですが、なぜ、それを食べるのかははっきりとしていません。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません