お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

香川県の葬儀のしきたり・風習

故人を布団に寝かせて通夜を行う

香川県は、弘法大師の生誕地として多くの寺院があります。高松市では、寺院で通夜が行われ、葬儀に複数の僧侶が列席します。地方では、通夜を自宅で行い、寺院で葬儀を行うことが多いようです。「末期(まつご)の水(死に水)」の儀式では、一般的に使われている綿ではなく、魔除けの力があるとされている樒(しきみ)を用います。一部地域の自宅葬では、葬儀の直前に納棺をするので、故人を布団に寝かせた状態で通夜を行います。そのため、遠方からの弔問客など事情を知らない参列者には、大変驚かれるようです。

香典袋に「御悔」

香典袋の表書きは、宗派によって多少異なりますが、全国的には「御霊前」が一般的で、キリスト教や浄土真宗など一部の宗派を除いて失礼にあたらない表書きとされています。しかし、香川県では、通夜の香典袋には「御悔」と書くことが多く、葬儀の際の香典袋には「御香典」が、広く用いられています。

女性が髪に白い三角の紙を挟む

香川県では、今なお近隣住民の絆が強い地域が多く残っており、「講」などと呼ばれる近隣組織が機能しています。通夜や葬儀の際にはこの「講」が活躍し、会社の仕事にも優先すべき重要な仕事と考えられている地域も少なくありません。香川県の一部地域では、蝋燭の灯りのみで納棺を行うというしきたりや、親より先に死んだ子供の出棺は見送らず、骨を家に持ち帰ることもしないといった習わしが見られます。また、女性が三角の紙を髪にはさんで火葬場へ向かうという風習もあります。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません