お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

愛媛県の葬儀のしきたり・風習

「仕事組」や「葬式組」がお葬式を助ける

四国では、「班」や「講」などの近隣組織が通夜や葬儀を手伝う風習が見られますが、愛媛県でもお葬式の際には、「仕講組」や「葬式組」などと呼ばれる近隣組織が喪家を助けます。こうした互助組織は、10軒程度の家が1単位となっていて、お葬式を手伝うことは、地域の重要な仕事とされています。「仕講組」で葬式があれば、会社の仕事を休んでまでも喪家の手伝いに行く事が当たり前とされている地域もあるようです。

「いっぱい飯」と「枕団子」を頭陀袋に入れる

愛媛県の松山市では、納棺の際、握った「いっぱい飯」と「枕団子」を頭陀袋に入れて故人の首にかけます。「いっぱい飯」は、故人の茶碗にてんこ盛りにもったご飯のことで、真ん中に一本お箸を立てて供えられます。「枕団子」は、いっぱい飯と一緒に供される団子です。このいっぱい飯と枕団子を合わせて、「枕飯」とも呼ばれます。枕飯を頭陀袋に入れるのは、冥土へ旅立つ故人のお弁当代わりでしょう。空になった茶碗を遺族が出棺の際に割る「茶碗割り」も行われます。

葬列が棺の周りを回る

出棺の際には、親族が棺を回す「棺回し」と呼ばれるしきたりはが全国各地で見られます。棺を回すのは故人の方向感覚を失わせ、あの世から戻ってこられなくするため、つまり、迷わず成仏してもらうためと言われていますが、愛媛県では少し変わった棺回しが行われます。親近者たちが棺を回して出棺した後、道路で止まり、今度は葬列がそのまわりをぐるぐる回るといいます。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません