「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

高知県の葬儀社を比較する

葬儀を検討している高知県の地域をお選びください

高知県の葬儀のしきたり・風習

納棺までは故人を死者として扱わない

高知県では、納棺前の故人に対し、「生きている人」として接する風習があります。故人は普段と同じ布団に寝かせ、「おはようございます」など、亡くなる前と同じように声をかけ、家族が食べるのと同じ食事を枕元に運びます。土佐郡の一部では、故人を亡くなった人ではなく、病気で休んでいる人と考え、「養生見舞い」として故人の好物を用意し、ご馳走を作ります。「養生見舞い」を供える際には、家族皆で、「起きて食べませんか」と声をかけます。

納棺の前日に故人に添い寝する

高知県では、納棺の前日に、身内の人が故人に添い寝するしきたりがあります。遺体に添い寝をするのは、故人を寂しがらせないようにという意味合いからです。知らない人から見れば驚くようなしきたりですが、もともと「通夜」というのは、人が亡くなったときから告別式の朝まで営まれるものでした。故人に添い寝をするのは、故人の霊魂を肉親に敬称させるためという説もあるそうです。

納棺の際に煮た豆を入れる

全国には、納棺の際、故人が生前愛用していた品物や故人の好物などと合わせて、しきたりとして決まったものを入れる地域がいくつもあります。高知県では、故人の棺に大豆や小豆を煮てから入れるしきたりがあります。そのまま入れるのではなく、わざわざ煮てから入れる理由は、「芽(目)が出ないようにするため」です。つまり、故人が棺の中で目を開けないようにという意味で、故人に成仏してほしいという願いが込められているといいます。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください