「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

宮城県の葬儀社を比較する

葬儀を検討している宮城県の地域をお選びください

宮城県の葬儀のしきたり・風習

通夜に「白ぶかし」を食べる

通夜の夜、参列者に食事を振る舞う「通夜振舞い」は、全国各地にみられる風習ですが、その際出される食事の内容には、地域によってさまざまな特徴があります。宮城県では、もち米に小豆の一種である白ササゲを入れてふかした「白ぶかし」が出されます。通夜振舞いはもともと、故人の前にご馳走を出して再生を願う意味がありましたが、現在では、故人の近親者が集まって思い出などを語りながら、故人を偲び、追悼する際の食事となっています。

出棺のとき、白い三角の布や頭巾を着ける

日本の伝統的な幽霊が額に巻いている白い三角の布のことを、「宝冠(ほうかん)」といいますが、宮城県では、出棺に立ち会う男性が、この宝冠を着け、女性が白い頭巾を被る風習があります。死装束である宝冠を出棺に立ち会う人たちが着けるのは、故人に対する「皆も同じ格好をして三途の川の手前まで見送りますから、そこから先はあなただけで行ってください」という気持ち、つまり、迷わず成仏してくださいという意味が込められています。

都市部では地域住民の絆がどんどん稀薄になり、近隣組織がお葬式を取り仕切るようなことはほとんどなくなっていますが、地方には、まだこうした近隣組織が強力に機能している地域も少なくありません。宮城県では、「契約講」や「講中」などと呼ばれる近隣住民による組織が、通夜や葬儀で活躍します。「契約講」がお葬式を手伝うことは、会社の仕事にも優先する重要な仕事とされている地域もあります。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください