お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している福岡県の地域をお選びください

福岡県の葬儀のしきたり・風習

香典と一緒に「通夜見舞い」を持参する

通夜の後、親族や近親者などを中心とした参列者に、食べ物や飲み物を振る舞う「通夜振舞い」の風習は、東日本を中心に全国各地で見られます。福岡県では、この「通夜振舞い」に招かれた場合、「通夜見舞い」と呼ばれるお菓子や酒などを持参するのが一般的です。招かれる側が食べ物や飲み物を持ち寄ることで、遺族の負担を少しでも減らしたいという心遣いがかたちになったしきたりでしょう。

読経中には焼香をしない

福岡県では、葬儀の前に火葬する「前火葬」と葬儀の後で火葬する「後火葬」が混在しています。東南部では「前火葬」が多いようです。また、博多では、火葬場へ行く霊柩車は、櫛田神社の前を避けて通るのが通例です。全国的には、通夜や葬儀の際、僧侶が読経をしている間に弔問客がお焼香するのが一般的ですが、福岡では、通夜の読経中には焼香をしない宗派もあるようです。そうした宗派で喪家の希望がある場合は、読経の後、僧侶が退席してから焼香を行うといいます。

「出立ちの膳」を食べる

葬儀・告別式が終わった後に、親族や親近者が集まって「精進落とし」の食事をとるならわしが全国的にありますが、この時食べられる食事の内容やしきたり、呼び方にはさまざまなものがあります。福岡では、出棺の前に遺族や親近者が集まって故人との最後の別れの食事として、簡単な精進料理を食べます。これは「出立ちの膳(でたちのぜん)」と呼ばれています。柳川市では、この出立ちの膳に、冷酒を出すこともあるそうです。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません