お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

佐賀県の葬儀のしきたり・風習

枕団子を49個も供える

故人の枕元に、「いっぱい飯」と一緒に供える団子のことを、「枕団子」といいます。この時供える枕団子の数は、地域によりさまざまですが、全国的には、6個が多いようです。これは、迷いのあるものが輪廻する6つの世界、「六道(ろくどう)」にちなんでいるとされています。ところが、佐賀県では、この枕団子を「49個」もお供えします。四十九日まで、毎日1つずつ食べられるようにとの思いがこめられているのかもしれません。

「出立ちの膳」を身内だけで食べる

通夜の後、親族や親近者など参列者に、食べ物や飲み物が振る舞われることを「通夜振舞い」といい、東日本を中心に広くみられる風習です。佐賀県では、「出立ちの膳(でたちのぜん)」と呼ばれる通夜振舞いを、身内だけで食べます。仏教では本来、忌明けとなる四十九日までは殺生となる肉や魚を食べることを控えるので、通夜振舞いの食事も基本的には精進料理ですですが、茶とお菓子だけで済まされる地域や、参列者全員に振る舞う地域もあります。

午後に亡くなった人の通夜は24時間後

佐賀県の一部地域では、出棺の際、全国各地で行われている「茶碗割り」や「棺回し」、「放生(ほうじょう)」の儀式を行います。「茶碗割り」と「棺回し」は、故人が迷わず成仏することを、「放生」は、故人に徳を積ませてあの世で優遇されることを願うしきたりです。また、葬儀や火葬は午前中が多く、午後に亡くなった場合は納棺をせずに仮通夜をして、24時間後に納棺をして本通夜をするならわしです。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません