お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している長崎県の地域をお選びください

長崎県の葬儀のしきたり・風習

故人の着ものを濡らす「水かけぎもん」

「故人の着ものを水で濡らす」というならわしが残る地域は、全国にいくつかありますが、長崎県の対馬には、故人の着ものをつるして、7日程度の間、朝晩毎日水をかける「水かけぎもん」の風習があります。このとき、着ものは裏返しにします。なぜ、こうした風習が行われているのかははっきりとしませんが、水をかけることには「お清め」の意味が見てとれるため、死を穢れと考える神道の影響をうけているものと思われます。また、「水かけぎもん」というのは、「水かけ着もの」が訛って定着した呼び名のようです。

通夜は質素で通夜を行わない場合もある

通夜の後、参列者などに振る舞う飲食を「通夜振舞い」と言い、東日本を中心にして、広く全国で行われています。この通夜振舞いは、西の方へ行くにつれて質素になる傾向があるようです。全国には、参列者全員に通夜振舞いが行われたり、酒や魚、寿司などの食事が提供されたりする地域もありますが、長崎では大変質素です。また、通夜そのものも静かに質素に行われ、一部には通夜を行わない地域もあるようです。

出棺の際に三角の白い布を巻く

長崎県では、出棺の際、出口から霊柩車までの短い間だけでも遺族や親近者などが葬列を組むという「野辺送り」の名残が残るしきたりがあります。また、平戸市では、この時、頭に三角の布を巻きます。これは、「宝冠」と呼ばれる死装束の一部で、「故人と同じ死装束を身に着けて三途の川の手前まで見送ります」という気持ちを表しています。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません