「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

熊本県の葬儀社を比較する

葬儀を検討している熊本県の地域をお選びください

熊本県の葬儀のしきたり・風習

納骨堂を持つ村もある

都市部ではあまり見られませんが、地域住民の結びつきが強い農村部や地方都市など全国各地、多くの地域で、お葬式の際に近隣組織が喪家を助けるというならわしがあります。そうした地域では、葬式があれば、会社を休んででも手伝いくことも珍しくありません。熊本県でも、「葬式組」と呼ばれる近隣組織がお葬式を手伝います。また、熊本県の村落では、村が納骨堂を所有していて、組の人は同じ納骨堂に納骨されることが多いようです。

「友引」でも葬式を出す

六曜にある「友引」の日にはお葬式を出さないというのが、全国では一般的ですが、熊本県では「友引」でもお葬式を出します。これは、浄土真宗が7割を超えているからだといいます。浄土真宗では友引のお葬式を気にしません。浄土真宗が「友引」を気にしないでお葬式を出すのは、開祖の親鸞が「日の吉凶を占うことを良しとしなかった」ことに由来します。また、葬儀に先だって火葬を行う地域も多く、火葬場は無休で、友引の日も休みになりません。

「御目覚」と書く「夜伽見舞い」とおにぎりの「通夜振舞い」

通夜の際、香典とは別に菓子や飲み物を持ち寄る風習は、全国各地に見られますが、熊本県では、通夜を「夜伽」と呼び、この際に持ち寄る菓子などを「夜伽見舞い」といいます。夜伽見舞いには、菓子や酒の他、現金を出すこともあり、熨斗や封筒には「御目覚」や「目覚」と書かかれます。また、通夜の後で行われる「通夜振舞い」の食事には、おにぎりを出すことが多いそうです。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください