「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

大分県の葬儀社を比較する

大分県の葬儀のしきたり・風習

親近者だけで「別れの膳」を囲む

通夜の後、親近者を中心に飲食をしながら個人を偲んで語り合う席やその時に食べる食事のことを、「通夜振舞い」といい、全国にはさまざまなかたちの通夜振舞いがあります。東日本には、参列者全員に食事を振る舞う地域もありますが、西日本に行くにつれて質素になる傾向があり、中には、通夜振舞いを行わない地域もあります。大分県では、この通夜振舞いの席を「別れの膳」と呼び、近親者のみで食事をするのが一般的です。

棺は玄関の脇に作った仮門からだす

出棺の際、玄関以外の場所から棺を出すというならわしは、全国各地に見られます。これは、 出入り口である玄関から出た故人の霊が、また入ってきてしまわないようにするため、つまり、故人に迷わず成仏してもらうためだといいます。このとき、玄関の代わりとなる出口はさまざまですが、大分県では、玄関の脇に藁や笹竹などで簡単な仮門をつくって出口とみなし、棺にこの仮門をくぐらせます。この仮門は、葬列が出た後すぐ壊されます。

「棺回し」や「茶碗割り」をして団子を配る

大分県では、出棺の際、棺をぐるぐる3回回す「棺回し」や、故人の茶碗を割る「茶碗割り」が行われます。棺を回すのは故人の方向感覚を失くして、戻ってこられなくするためで、茶碗を割るのは、故人に戻ってきてもご飯が食べられないことを悟らせるためだと言われ、どちらも、故人に迷わず成仏してほしいという願いが込められています。また、出棺の際、参列者に団子を配るというしきたりもあるようです。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください