お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している宮崎県の地域をお選びください

宮崎県の葬儀のしきたり・風習

「通夜振舞い」にお菓子を配る

通夜の後、親近者を中心とした参列者に振る舞われる飲食のことを「通夜振舞い」と言います。この通夜振舞いは、東日本では寿司や酒など比較的ボリュームのある食事であることが多く、西日本では簡素な傾向があり、行われない場合もあります。宮崎県の通夜振舞いは食事ではなく、「隣組」などの近隣組織が持ち寄ったお菓子を参列者に分け、持ち帰ってもらうのが一般的です。また、お菓子の代わりにお米を持ち寄り、ご飯を炊いておにぎりを振る舞う場合もあります。

「いろ」をつける

宮崎県の一部地域では、出棺の際、遺族が首に白い布を巻いて火葬場に向かいます。この白い布は「いろ」と呼ばれ、「いろ」を巻いて火葬場に行くことを、「いろをつける」といいます。「いろ」は死装束の一部と考えられ、親族が死出の旅の途中まで見送ることを意味します。また、「白」という色は、この世とあの世を結ぶ色であるとも考えられています。

葬儀の後は「不浄払い」をする

古事記にも「天孫降臨の地」として記される宮崎は、「神の国」とも言われます。そんな宮崎では、葬儀の際、まず、神棚を閉じたり、和紙で神前を覆ったりします。神道では、死を不浄と考えているため、大切な神様を死の穢れから守るためということでしょう。また、葬儀の後では、葬儀に使われた場所を、神棚から食器に至るまで払い清める「不浄払い」を行います。葬儀会場のお清めが済んだら、それを神官に知らせます。また、神官を招いて「不浄払い」を行う場合もあります。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません