お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している鹿児島県の地域をお選びください

鹿児島県の葬儀のしきたり・風習

「じつの飯」に箸を2本立てる

亡くなった人の枕もとには、「いっぱい飯」や「一膳飯」と呼ばれるご飯と、お団子や水が供されます。「いっぱい飯」は故人が生前使っていたお茶碗にご飯をてんこ盛りにして、真ん中に箸を一本立てるのが一般的ですが、鹿児島県の「いっぱい飯」には、お箸が2本立てられます。また、この時のご飯を、故人が亡くなって直ぐに焚くことから、「じつの飯」(「直(じき)」の飯が由来)と呼びます。一部地域では、「じつの飯」にお味噌汁を添えることもあるようです。

「別れ飯」と「別れの杯」

鹿児島県の一部地域では、出棺の前に故人と一緒にとる最後の食事として「別れ飯」を食べます。鹿児島県北部の一部地域では、この「別れ飯」を、通夜の参列者にも振る舞います。時代の変化で葬儀の事情が変わり、火葬場で食事をとることが増えた最近では、「別れ飯」を省略する場合も多いようです。また、県南地方では、"別れの杯"として、棺に納める故人の遺体に焼酎を少しふりかけることもあるといいます。

白い「いろ」を身に着ける

鹿児島県の郊外では、出棺の際、棺を担ぐ人が「いろ」と呼ばれる白い布を肩にかけます。他にも、遺族が「いろ」を被ったり、参列者全員が「いろ」を身に着けたりする場合もあります。「いろ」は、葬儀から戻って家に入る前に、垣根や扉の外にくくりつけることで、忌事を家の中に入れないようにします。「いろ」は死装束の一部と考えられ、身に着けることは、故人を死出の旅の途中まで見送ることを意味します。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません