お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している沖縄県の地域をお選びください

沖縄県の葬儀のしきたり・風習

新聞に詳細な「訃報広告」を出す

沖縄県では、一般の人が亡くなった際にも、新聞に「訃報広告」を出します。地元紙には一般人の訃報広告専用ページもあり、記される内容はかなり詳細です。故人の名前や喪主の名前、葬儀の日時の他、同居の家族名や、独立した子供や孫、さらには、子や孫の配偶者の名前まで列挙されます。故人がキリスト教信者の場合は、名前の上に小さな十字架を入れることもあるそうです。また、公民館などの公共施設で有線放送を流して、訃報を地域の人に知らせる場合もあります。

死の穢れを避けるさまざまな風習

先祖崇拝を重んじる沖縄県では、死の穢れに対する畏敬の念が強く、他府県にはみられない独特なしきたりが多数あります。例えば、妊婦や妊婦の夫は、臨終に立ち会うことを避け、通夜や葬儀にも参列しないのが好ましいとされています。納棺、葬儀、火葬、告別式といった一連の儀式は1日で行われ、翌日にはすぐ、「ナーチャミー」と呼ばれる墓参りを行います。「ナーチャミー」の後は、四十九日まで毎週、「スーコー(「法事」の意味)」と呼ばれる法要を営みます。

村単位、一族単位の家のように大きなお墓

沖縄県では、「亀甲墓(きっこうばか)」や、「破風墓(はふうばか)」といった独特な形状で、家のように大きなお墓が建てられます。これは、かつて土葬をしていた時代に、墓の中で遺体を白骨化させる「風葬」を行っていたことが影響しています。また、沖縄県のお墓が、村単位、一族単位の共同墓であることも大きな理由でしょう。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません