お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している秋田県の地域をお選びください

秋田県の葬儀のしきたり・風習

「火葬」は葬儀の前に行う

秋田県のお葬式には、「出棺」、「火葬」、「通夜」、「葬儀」という順で行うやり方と、「通夜」、「出棺」、「火葬」、「葬儀」の順に行うやり方が混在しています。どちらの場合も、火葬が行われるのは葬儀の前です。通夜は親近者のみで行うことが多く地味ですが、「出棺の儀」には重きを置く傾向があり、出棺前に故人を清める「湯かんの儀」も自宅で行うのが一般的です。故人を安置した脇には、仏具や枕団子、一善飯とともに、「死華花(しかばな)」と呼ばれる紙でできた造花を飾ります。出棺の際、棺にローソク、線香、マッチ、米などを入れる風習もあります。

焼香のときにはお盆に小銭を置く

秋田県では、焼香のとき、焼香盆に数十円の小銭を添える風習があります。お香典とは別に小銭を供える風習は日本各地に点在しますが、こうした小銭は、故人があの世に旅立つ際の支度に使われる意味合いがあると考えられています。また、まだ葬儀屋が一般的ではなかった時代、焼香箱を持ってくるお寺様へのお香代として、小銭を盆に入れたことの名残りだという話もあります。

遺族をねぎらう風習「ゆどき」

秋田県の一部地域には、お葬式の後、近隣の人たちが集まって遺族をねぎらう、「ゆどき」と呼ばれる風習があります。ゆどきでは、「念仏講」などの団体組織に属する年配の女性たちが、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にした「御詠歌」を詠うこともあります。この時、鈴(れい)や鉦鼓(しょうこ)を用いて唱和する流派もあります。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません