「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

山形県の葬儀社を比較する

葬儀を検討している山形県の地域をお選びください

山形県の葬儀のしきたり・風習

訃報を知らせる「告げ人」と、お葬式を避ける暦

山形県の一部では、男性二人が一組になって、菩提寺へ訃報を伝えに行く風習があります。
これは、電話がまだ普及していなかった時代の名残で、「告げ人(つげにん)」と呼ばれます。「告げ人」は、忌を避けるため、ひとりでは行動せず、必ず二人組で動きます。また、地域によっては、お葬式を出す日として、「友引」以外にも避けている暦があります。鶴岡地方では、子(ね)と丑(うし)のお葬式を避け、酒田地方では、葬儀が寅(とら)にかかるのを避けます。

夜通し念仏を唱える通夜

山形県では、通夜を「おつうや」と呼び、にぎにぎしく行われます。「念仏講」や「観音講」といった地域組織に所属する年配の女性が集まり、「御詠歌」と呼ばれる仏の教えを説いた歌が歌われ、流派によっては、鈴(れい)や鉦鼓(しょうこ)でこれに唱和します。庄内地方では、通夜の始まりから念仏講や観音講の人たちによる念仏が唱えられ、夜通し続く場合もあります。

出棺は玄関以外の場所から

山形のお葬式では、通夜の翌朝、葬儀に先だって火葬されるのが一般的です。出棺は玄関以外の場所から行われ、火葬場から帰って塩と水で清め、遺骨を祭壇に安置して葬儀を行います。現在は、葬儀・告別式の日に、初七日方法までを繰り上げて行うのが全国的ですが、山形県では、葬儀当日に、三十五日(五七日)法要まで行うことがあります。他府県では省かれる場合が多い三十五日法要は、本来、四十九日法要に次いで重要とされています。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください