お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している栃木県の地域をお選びください

栃木県の葬儀のしきたり・風習

「百万遍」の儀式で故人の極楽往生を願う

栃木県には、地域のつながりが強く「隣組」などの組織が機能しているところが多くあります。こうした地域の葬儀では、組の人たちと親族が一緒になってひとつの長い数珠を持ち、念仏を唱えながら数珠を順送りにしていく儀式が行われます。この儀式は「百万遍」と呼ばれ、故人の極楽往生を願うものです。都市部では省略されることもあり、行う人が年々減っていますが、栃木県では、宇都宮を始めとした県内各地で行われています。

清めの塩と一緒に鰹節をかける

栃木の日光では、お葬式に出た参列者が帰宅して家に入るとき、お清めの塩と一緒に鰹節をかけるという変わった風習が残っています。そもそも、「お清め」の考え方は仏教にはなく、死を穢れと考える神道から来ているものです。実は江戸時代にはまだ「清め塩」を行っていた人は稀で、「お清め」の効果は酒食にあると考えられていました。関東では精進落としのことを「お清め」ともいいますが、大勢の人が集まって酒食を共にすること自体がお清めと考えられていたのでしょう。お清めに鰹節を用いるのは、こうした酒食の力を借りて穢れを排除しようとする意味があるものと考えられます。

「七日ざらし」の風習

栃木県には、故人の着物を家の裏で北向きに干し、水をかけて常に濡れた状態にしておく「七日ざらし」という風習が残っています。なぜこのようなことをするのかははっきりしていませんが、死を穢れと考える神道の考えからくる「お清め」の性質を持つ風習と考えられます。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません