「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

葬儀用語辞典

後飾り(あとかざり)

「後飾り」は、葬儀が終了して祭壇を片付けた後に、遺影・遺骨・位牌などを安置しておくための祭壇です。
木製か段ボール製で、2,3段のものが多く使われています。
四十九日の忌明けまで使われるのが一般的で、通夜や葬儀に参列できなかった友人・知人が弔問に訪れた際には、ここで線香をあげてもらいます。
火葬と同じ日に納骨までを済ませてしまう場合は、必要ありません。

四十九日の満中陰(まんちゅういん)まで飾る祭壇のため、「中陰飾り(ちゅういんかざり)」「中陰壇(ちゅういんだん)」とも呼ばれます。

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください