「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀用語辞典

忌払い(いみばらい)

「忌払い」とは、本来、仏教に由来する忌明けの行事で、故人が亡くなってから35日または49日の忌明けまで、殺生をしないよう肉や魚などを食べることを慎み、忌が明けて、通常の食生活に戻ることを指しました。
しかし、現在の「忌払い」は、葬儀や骨上げの後、お世話になった方々へお礼をする会食の席や、その際に出す食事のことを意味する場合が多くなっています。 これは、「精進落し(しょうじんおとし)」とも呼ばれます。

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください