「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀用語辞典

盂蘭盆会(うらぼんえ)

「盂蘭盆会」(盂蘭盆)は、一般的に「お盆」と呼ばれる仏事のことです。
「盂蘭盆」は、サンスクリット語の「ウランバナ(逆さ吊り)」の音写で、逆さ吊りにされたような苦しみをいいます。
「盂蘭盆会」は死者の逆さ吊りにされたような苦しみを救うために行う仏事です。
釈尊の高弟である目けん連(もくけんれん)が飢餓道に堕ちた亡母を救うため、釈尊の教示により安居(あんご)を終えた7月15日に、仏・僧に食物を捧げたのが始まりとされ、のちに先祖供養・無縁仏供養の行事として定着しました。
行事の主流は、13日に「迎え盆」といわれる墓参りをし、家に聖霊棚(しょうりょうだな)を設けて祖霊を祀り、僧侶に読経してもらい、16日に霊を送る「送り盆」を行います。
旧暦では7月ですが、現在は新暦の7月、もしくは、1ヵ月遅れの8月に多く行います。
また、期間は地域によってさまざまで、七日の「七日盆」、二十日の「二十日盆」、二十四日の「地蔵盆」などがあります。

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください