「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀用語辞典

過去帳(かこちょう)

「過去帳」とは、故人の戒名(法号・法名)・俗名・死亡年月日・享年(行年)などを記しておく帳簿で、「鬼簿」や「冥帳」とも呼ばれます。
折本になったものと和本(和綴じ)のものがあり、 表紙の素材には、金襴・緞子などの布や黒檀、紫檀などの唐木が用いられます。
記入欄には、日付入りのものと日付無しのものがあり、日付入りの場合には1日から31日まで書かれている日付の、亡くなった日の欄に記入します。
これを毎日めくることで、故人の命日(月命日・祥月命日)を確認して追善供養を行います。
日付無しの過去帳は、死亡順に記入していく年表式のため、記録簿としての意味あいが強くなります。 寺院では日付無しの過去帳が多く用いられています。

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください