「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀用語辞典

清め塩(きよめじお)

「清め塩」とは、葬儀や火葬場から戻った人が、死の穢れを払う意味で塩を体にかける行為や、玄関の前に撒いて踏む行為などの慣例儀式のことをいいます。
死を穢れと捉える神道の考えに基づく慣例で、古来より身を清めるために海水が用いられたことに由来する象徴行為と考えられます。
戦後になって、葬祭業者が会葬者サービスの一環として、葬儀場出口に塩を置いたことや、会葬礼状に小袋入りの塩を付けたことで一般化しました。
近年では、死を穢れと捉えることを疑問視する声もあり、「清め塩」を行わない動きもあります。
また、もともと「清め塩」の慣例がない宗派もあります。

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください