「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

葬儀用語辞典

死に水(末期の水)(しにみず)

「死に水」・「末期の水」とは、臨終の際に口に含ませる最後の水のことです。
死に水は、釈迦が臨終の際に水を求めたという言い伝えから行われており、死者の蘇生を願い、それが無理でも死後の世界で乾きに苦しむことのないようにと祈る想いの込められた儀式です。
死に水の取り方に厳密な作法はありません。
一般的には、新しい筆か割り箸の先に脱脂綿をつけたものに茶碗の水を含ませ、臨終の人の唇を軽く潤します。
関西地方などには、脱脂綿ではなく樒の葉を使う風習もあります。
死に水は、配偶者をはじめとして、近親者、友人・知人の順に、その場に居合わせた全員がとります。

「死に水(末期の水)」に関係のある用語

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください