「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀用語辞典

精霊棚(しょうりょうだな)

「精霊棚」は、お盆にご先祖の霊を迎えるための供物を飾る棚のことで、「盆棚(ぼんだな)」とも呼ばれます。
昔はどの家庭でも祖霊を迎えるための特別な祭壇として庭先や座敷に飾りましたが、近年では、仏壇の前に設けます。
精霊棚は、お盆に入る前の、10日〜13日の朝に作ります。
一般的には、仏壇の前の小机の上に真菰(まこも)やゴザを敷いて、位牌を安置し、キュウリの馬やナスの牛などを作って飾ります。
この馬や牛は、先祖の霊がこの世とあの世を行き来するための乗り物になると考えられています。
馬と牛であるのは、祖先がこの世に来るときは馬に乗って一刻も早く、あの世に帰っていくときは牛にのってゆっくりと帰っていってほしい、という願いが込められているといいます。
その他には、花、果物、菓子、故人の好物などを供えます。

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください